里親8日目:ケージの外へ出て大暴れ?

里親8日目。1週間が過ぎたので、保護主さんに連絡をする。

連絡の期間は、引取り翌日、1週間後、2週間後、1ヶ月後、3ヶ月後…と徐々にスパンを開けてメールで連絡をすることになっている。

この1週間、吉宗さんの動向に一喜一憂して大変だったなぁ。とっておきの写真を添付し、ありのままを書いて送る。

さぁ、昨晩の探検はいかがでしたか。リビングのドアを開けてみる。吉宗さんの気配を確かめて、そおっと開け閉めする。

部屋を見渡してみると、姿が見えない…どこ行った〜?

部屋のなかをぐるっと見てみるも所在分からず。とりあえず朝ごはんの用意を始める。

キッチンを見てみると、キッチンマットがぐるぐるっと竜巻のように巻かれていた。恐る恐る広げてみるも、なかにうんちはしていなかった。ふぅ。笑

昼間の大人しさは猫をかぶっているだけなのだろうか。1歳半のやんちゃぶりが垣間見えた。

しかしどこに居るんだろう。

カーテンを開けてゆくと、薄いカーテンの裏に猫影が!やっぱり窓枠に座って外を眺めていたのでした。

ゆっっくり近づいて鼻先にスプーンでごはんを近づけてみる。

匂いをかいでいるけれど、私の気配を感じてがっつく様子はない。本当はお腹ペコペコなはずなのに。

何か意地でもあるのかな…それでも、私が近づくだけで即効逃げていた初日と比べれば進歩したと思う。

ケージのすぐ裏にある窓枠で休んでいたため、ごはんを入れたお皿を見せた後ケージ上段に置いておいた。

私がその場を離れ背を向けると、ケージへ戻りガツガツ食べ始めた。

ケージに戻ったのを見て、扉を閉めた。ごめんねと思ったが仕方ない。昼間は私が家事でガタガタと音を立てるので、なるべくケージ内で落ち着いていてほしい。

…しかし、なんだかそうもいかないらしい。

ケージの扉が閉まっていることに気づき、爪とぎをガリガリ、トイレの砂をザクザク。カーテンにじゃれてみたり。落ち着きがない。

明らかに外に出してほしそうだ…どうしよう。

きっと主人に言えば「外に出してあげなよー」と言うはず。でも、部屋のなかで姿を隠して暮らすようになる可能性もある。

というわけで主人に相談。

主人曰く、どうやら昨晩私が寝た後に、ずいぶんと探検を楽しんでいたらしい。主人からしてみれば、「たくさん遊ばせてあげてこの部屋が安心できるって気づけば大丈夫だよー」とのこと。

ふむ。確かにトイレも覚えたし、気が済んだら自らケージに戻ってくれるので、今日はケージを開放しておくことにした。

朝座っていたのと同じ、日当たりの良い窓枠の上で外を見ていた。しばらくはここでじっとしていそうだ。

その後、私たちが外出した後も吉宗さんは自由に家のなかを楽しんだようだった。

家へ帰り部屋に入ると、まずは吉宗さん探しから始まる。

どこに居るんだろう…と首をかしげたが、こんなところに身をうずめていた。

棚のなかにすっぽりとはまる吉宗さん。この閉塞感がたまらなく安心のご様子。

本来は、猫が移動しても大丈夫なようにディスプレイに気をつけるべきだけど。ここまで入ってくるとは思わなかった…(心配していたとおり、写真立ての類はパタンッ!と大きな音を立てて夜中に落下した。)

先に帰っていた主人に夜ごはんはあげたか聞くと、おやつのちゅ〜るをスプーンで与えて甘やかした様子。

私の知らぬ間に存分にスキンシップを取っていたようだ。う、羨ましい。私もスプーンでごはんあげたい…

部屋のなかをたくさん探検して、警戒心はとけて来ている様子。ケージに戻ったのを見計らって、私もスプーンで2、3粒ずつカリカリをあげてみた。

全長20cmほどのカレースプーン。まだ距離はこれ以上詰められない。匂いをくんくんして、シャーっと威嚇してから食べる。

与えるたびシャーー!と言う。でももう気にしない。シャーっと威嚇するわりに、結局食欲には勝てないのか食べてくれる。おかしかった。

調子に乗ってスプーンではなく私の手の上にカリカリを載せてみた。食べてはくれなかった。

でも確実に少しずつ距離が近づいている。

主人からは、「スプーンで与えるのに慣れてしまうと病院に預けたときなど他の人からごはんを食べなくなってしまう」と注意を受けた。はーい 気をつけまーす。

その後もケージの扉は開けておくことにした。今日は1日中自由行動だ。リビングのドアやベランダへ出る際の開け閉めには十分気をつけて過ごすことに。

来てから1週間。1ヶ月ほどはケージのなかで様子をみる予定だったが、早くも自由行動となった吉宗さん。トイレやごはんを覚えてくれたのは大きい。

去勢済のオスはマーキングしないと聞いていたが、吉宗さんに関してはその通りのようだ。

そこらじゅうにおしっこやうんちをされたら困ってしまう。それがなかったから、早めに開放できた。逆をいえば、トイレをしっかり覚えるまではケージから出してはいけないですね。

さあ、部屋のなかの楽しさに気づいたのであればケージなど無用。遊びまわってください。

夜中、何度か『ガッシャーーン!!』という音がするも…一旦無視して寝ることにした。

今日の気づき:部屋のなかを自由にさせてみたけれど、割れ物などはきちんと片付けておかないといけないな…。インテリアよりも猫さん重視ですね。

ごはん◯大✕小?

2016-04-28 | Posted in , 里親Comments Closed