里親11日目:夜中遊び、昼間は寝る。猫らしい姿になってきた。

里親11日目。私は朝から熱が出てしまい、吉宗さんに朝ごはんをあげた後ベッドに伏していた。

吉宗さんも食後大人しく寝ていたらしい。どうやら、夜中遊んでは昼眠る。夜行性らしい姿に戻ったようだ。

ビクビクして全く眠れていない様子だった初日に比べればかなりのびのびと生活ができるようになってきた。

昼間はケージに戻る様子はなく、お気に入りの場所にすっぽりはまって丸くなって寝ている。

具合がよくなってきたので、寝室からリビングへ戻り吉宗さんの様子を見に行った。主人が夜ご飯をあげるところだった。

随分と寝ていたため、お腹が空いていたのだろう。ごはんを見るなり、「ニャ!」と小さい声をあげて身を乗り出した。

最近全く鳴いていなかったのでこれにはびっくり。

欲が声に出てしまったんだね…笑

落ち着きのない様子でご飯皿に近づき、勢いよく食べ始める。

激しく食べるものだから、途中で吐くような仕草を見せるも戻すことはせず、そのまま食べ続ける。

相変わらずがっつくなぁ…保護される前、以前のおうちでは何匹も猫がいたようだから、ご飯にありつけずお腹を空かせる日々が続いていたのかもしれない。

だからつい、ご飯を目の前にするとがっつく癖がついてしまったのかも。極力、少しずつあげる工夫をしないといけない。

その後私はまた寝室へ。夜の様子を聞いたところ、一晩中「かまってくれ〜」オーラを出し、猫じゃらし(紐)に何度も飛びついてきたようです。

私が高熱を出していたため、主人はリビングのソファで寝たのだけれど、一晩中騒いでいたらこれは大変だわ…

とはいえ可愛い写真もたくさん撮ってくれました。

かまってほしいときの表情は本当にいきいきとして、素の表情が垣間見えてほっとします。

何はともあれ、元気いっぱい楽しんでくれてありがとう。

ごはん◯大◯小◯

2016-05-01 | Posted in , 里親Comments Closed