里親13日目:初めて手のひらからカリカリを食べてくれた!

里親13日目。昨晩さんざんレーザーポインターで遊んだので、きっと疲れていることでしょう…さぞ食欲も湧いているでしょう。

今朝も私のご飯より先に吉宗さんの食事をご用意いたします。

毎朝6時半〜7時くらいにリビングを覗いてみるのですが、騒いだ日の翌朝はまだ寝ています。

眠りの体制が、首を内側にぐっと近づけてドラゴンのよう。

ちょっとかっこいいね。

寝ているときは起こさないようにしているけど、今日は朝ご飯の用意をし始めるとすぐに気づいた様子。

ぐっと体をおこして背伸びをし、
「飯〜くれ〜」とばかりに見つめてくる。

コミュニケーションをはかるため、まずは一口カリカリをスプーンで与える。

今日も「シャーッ!」と威嚇で始まる。
まるでドラゴンが火を吹くように。

ああ、いつものですね。もう分かりました。

結局、シャー後、すぐに食べるんです。

分かってます。

…なんなんですか!笑

今度は私の手の上にカリカリを1粒。

指先に載せると猫パンチで叩かれて落ちたのを食べるので、手のひらに載せて近づける。

初めは嫌な顔をするも匂いをクンクン。
ペロッと食べた!

13日めにして初!
私の手からカリカリを食べたー!

その後も2、3粒ずつポリポリ食べてくれた。
「めんどくさ〜ケチケチしないでもっとくれよ」と言わんばかりの投げやりな表情で…

手であげ続けるのはしんどいので、床に置いたご飯皿にカリカリを流し入れる。当然、入れている側から顔を突っ込んでくる。

今日はいつに増して強い食い気を感じる…!

カリカリを入れるため一度皿を引くと「シャーッ!」と威嚇。

しかしこちらもひるむわけにはいかない。

ぐっと強い視線で対抗。すると私を見つめて犬のようにお座り。よし!とばかりに皿を戻す私。ガツガツポリポリカリカリ食べ始める吉宗さん。

その食事の様子をみて、私も自分の朝食の準備をしようとキッチンへ。

すると「ねえ、もう少しちょうだいよ」とこちらへやってくる。

朝晩は、カリカリとウエット両方を少量ずつ与えているため、早くもウエットをせびりに来たらしい。

はいはいごめんごめんと、ウエットを与えて落ち着かせる。

その後私自身の朝食を摂るためキッチンを離れると、吉宗さんはいそいそとキッチンへ向かう。

見るとキッチンの流し台に上がり食料を探している様子…

う〜む。今は怒るタイミングではないのか、昨晩から本当にお腹空いていたんだろう。

やむを得ず、再度少量のカリカリを与えることに。こちらの顔をちらっと見て、量に対し(視線にて)不服の申し立てをするも、あげすぎは厳禁!と心に誓い気持ちを抑えた。

まだ1歳半、この食い意地は…巨大な猫に育ちそうな気がしてならない。

朝・昼・晩と3食おおいに食事をせがみ、こちらが「もうだめ」と伝えると切ない顔をする吉宗さん。

晩ごはん時に関しては「ニャーニャー」連呼していた。声はすっごく可愛い。可愛いんだけど…

健康を害することだけはしたくない。
と主人が申しておる。(私はあげたい…)

ご飯をくれないのならと、食を求めて部屋のなかを行ったり来たり。キッチンの袋をゴソゴソとあさったりしている。

カリカリは引き戸の見えない場所に厳重に隠した。

食をあきらめるとお気に入りの場所に戻ってふて寝。ドラゴンボールのカリン様のような猫目で、体をぐねらせて眠る姿はきゅんとする。

昨日は調子こいて頭を触ったけど、その後警戒されたので、またしばらくは見ているだけにする。

かわいい寝姿も、カメラを持って近づくとバレるのでなかなか撮れない。

てゆうか君、足の裏汚いね。早く洗ってあげたいよ。

今日はレーザーポインターでの遊びはお休み。レーザーポインターを使い続けると凶暴になるって本当かな。

ご飯◯大◯小◯

2016-05-03 | Posted in , 里親Comments Closed