里親30日目:行動範囲を広げても脱走するつもりはないようです。

里親30日目。昨日は夜中バタバタと走り回る音に正直キーっとなってしまった私。
吉宗さんを直接叱りつけることはしないが、ナチュラルにリビングの扉を閉めて寝ることに。

閉め出し。ごめん!!

早朝目が覚め、寝室から出てトイレに向かう。
気配に気づいた吉宗さんがリビングの扉越しにニャオニャオ訴えてくる…
まだ5時半だけど、激しい声は無視できない。

ふぅ。心してリビングの扉を開ける。
辺りの様子を見渡し確認作業を開始する。

第一に猫草が荒らされている。
お、おう…閉め出しのストレスによる犯行か。

飲み皿から水をぶちまけて、ソファの上は毛だらけ。トイレの前に吐いた形跡もあった。

…スパーキン!!

激しく鳴き続ける吉宗さんに朝ごはんをあげ、嘔吐物をきれいに拭き取り、マイペットで床掃除。臭いは残しまへん。

しばらくして起きてきた主人から事情聴取。

AM2時頃にうんちを済ませハイテンションになった吉宗さん。レーザーポインターで部屋のなかを少し走らせ、そのノリでレーザーポインターの赤い光を猫草に当てたところ、暗闇の中赤く光る草に夢中になってもしゃもしゃ食べていた。

とのことであった。

どおりで。
猫草が荒らされ、嘔吐したわけです。

猫草の効果早いなー。少し毛が吐けてスッキリしたかな。

疲れていたのか朝ごはんを食べた後はすぐに眠っていた。オール明けの若者は寝るのも早い。

昼夜逆転でお疲れでしょうからね、こちらも構わずほっときます。

手前のふっくらしたところに顎を乗せるのが気持ちいいのね。

昼間せっかくリビングの扉を解放してみるも、寝ている時間が多いため全く気付きません。(というか、自分の寝床がお気に入り&面倒臭くて動こうとしない。)

廊下を進むと玄関が見えてくるのですが、厚い扉で覆われた玄関扉から外に出られるという考えはまだないらしい。
外出時には吉宗さんにさとられないよう、注意深く開け閉めをしているからかもしれない。

窓についても、網戸を開けてしまうんでないかと心配していたけれど。あまりそのような素振りは見せない。

ここは5階。自分が降りられる高さかどうかしっかり認識したようだ。

窓際にちょこんと座って、外を眺める。今のところそれ以上のことはなし。網戸をガリガリってこともしない。私が怒ると思ってびびってるのかもしれないけれど。

むしろ他の部屋、私達が出入りするトイレやお風呂に興味がある様子。

気づくと背後についてきて、不思議そうに見ている。「入っていいのかな、ここはなんだろう」みたいな顔して。結果、入口付近でモジモジして入らずに逃げる。

ケージ内からリビングへ、リビングから先の部屋へ。少しずつ行動範囲を拡大しているが、今のところ脱走の心配はないようです。

ごはんもあげるし(他の仲間にごはんを取られることもないし)、寝る場所もあるので、わりと安心して暮らしているように思います。

ね。吉宗さん。

ごはん○大○(昨晩深夜)小○

2016-05-24 | Posted in , 里親Comments Closed